2009年12月25日記載

■アズキナシの実を食べるカラス
 札幌市内は、今年は街路樹のナナカマドがあまり実の付きが芳しくないですね。不作だと言っていいかもしれません。この分では1月後半からの「ナナカマドに集まる小鳥」の季節がどうなることか少々心配な今日この頃です。
 一方、私の自宅の周囲ではアズキナシは例年にないほどたくさん実を付けていて、遠くから見てもボワッと赤い木のように見えるほどです。アズキナシの木がこんなにたくさんあったんだ!と改めて気づくほど、こちらは豊作です。ちなみに、アズキナシはナナカマドと同じバラ科ナナカマド属の樹木(faura2004秋号「木の実」特集ご参照)で、ナナカマドよりも小さな赤い実が可憐です。
 今朝、我が家の近くの一本のアズキナシにハシブトガラスがやって来て、一粒一粒実をついばんでいました。そういえば昨年も12月頃に大通公園のアズキナシの実を食べるハシブトガラスを見ました。ナナカマドの実をカラスが食べ尽くしてしまうと、年明けに来るべきレンジャク類などの小鳥がやって来なくなってしまうので、「やめてよカラスくん!」という気持ちになってしまいます。カラスも、今年はナナカマドの実が少ないのでアズキナシにまで目をつけたのでしょうか。
 我々人間の勝手ですが、ナナカマドでもアズキナシでも美しい赤い実はカラスに食べられて欲しくないですね。美しい小鳥にこそ食べてほしい…。いや、人間の勝手です、カラスさんゴメン。

ハシブトガラス

ハシブトガラス(大橋弘一著「北海道野鳥ハンディガイド」北海道新聞社刊より・撮影:大橋弘一)


■「不思議いっぱいネイチャーワールド」一日だけ復活します!
 このブログの母体であるFMアップルの番組「不思議いっぱいネイチャーワールド」はスポンサーの関係で今年7月以来休止中ですが、この年末、ご要望にお応えして一日だけ年末スペシャルで復活します!下記のとおり生放送しますので是非聞いてください。
     ・「不思議いっぱいネイチャーワールド・年末スペシャル」
       12月29日(火)14時から一時間放送(FMアップル:765MHz)
 今、私は風邪気味で鼻声なのですが、29日までにはきっちり治して放送に臨みたいと思っております。

 なお、当日は引き続き15時から17時までの2時間、私だけでなく数名のゲストによるトーク番組「年末特番・2009年を振り返る」(仮題)も放送します。こちらはFMアップルの毎年の恒例で、社会・政治・経済・スポーツなどすべてについて今年を振り返ります。元ニセコ町長の逢坂誠二さん(fauraでもエッセイ連載していただいてます)も来るかも(?)デス。ご期待ください。

 なお、30日から1月4日まで、ナチュラリー事務所も年末年始のお休みをいただきますので、このブログも少々更新をお休みさせていただきます。29日の放送内容のお知らせも新年になってからとなりそうですが、悪しからずよろしくお願いします。

 皆さま、どうぞ良いお年をお迎えください。今年も一年ありがとうございました。

■ インフォメーション
・大橋弘一が編集長を務める北海道自然雑誌「ファウラ」2009冬号(特集:タンチョウ)は好評発売中です。 今すぐ欲しい方は、編集発売元であるナチュラリーの公式販売サイト「ファウラショップ+」へどうぞ。
http://www.naturally.co.jp/faurashop/

・「ファウラショップ+」では、新著「北海道野鳥ハンディガイド」をはじめ大橋弘一の著書も販売しています。

2009年12月18日記載

■「ウルルの森の物語」がいよいよ明日から
 先月もお知らせしましたが、私どもfaura編集部ならびに私・大橋弘一が製作協力した映画「ウルルの森の物語」がいよいよ明日から公開になります。
 私たちが関わったのは、主人公(船越栄一郎扮する獣医さん)の妹(深田恭子さんが演じています)である動物カメラマンの作品が掲載される雑誌。じつはその雑誌はファウラがモデルになっています。雑誌に掲載されている動物や野鳥の写真(劇中では深キョンが撮ったことになっている写真)は、実際にはすべて私・大橋弘一が撮影したものです。もうひとつ、主人公の獣医さんの動物病院には北海道の野生動物(絶滅危惧種など)の剥製や写真が展示してあるのですが、その壁面の動物写真もほとんどは私が撮影したもので、ナチュラリーfaura編集部からご提供しています。映画ではチラッとしか写りませんが、fauraファンの皆様には注目していただければ幸いです。
 東宝映画「ウルルの森の物語」は、明日から、全国の東宝系の映画館で公開されます。

ウルル





■ インフォメーション
・大橋弘一が編集長を務める北海道自然雑誌「ファウラ」2009冬号(特集:タンチョウ)は好評発売中です。 今すぐ欲しい方は、編集発売元であるナチュラリーの公式販売サイト「ファウラショップ+」へどうぞ。
http://www.naturally.co.jp/faurashop/

・「ファウラショップ+」では、新著「北海道野鳥ハンディガイド」をはじめ大橋弘一の著書も販売しています。

2009年12月12日記載

■タンチョウ特集出来ました!
 この15日に書店発売になるファウラ冬号が一昨日刷り上がりまして、編集部では今お客様や関係者への発送作業に追われています。取次店さんにはもう届いていますので、もしかすると本日あたりから札幌の一部の書店では店頭に並び始めているかもしれません。
 今回の特集は「タンチョウ」です。サブタイトルに「北海道に残された日本の心」と銘打ち、日本の文化との関連を重視した誌面にしました。ちょうどお正月を迎えるのにとてもふさわしい雰囲気となりました。年末年始のお休みに是非ゆっくり楽しんでいただきたいですね。
 タンチョウなんて、北海道民ならみんなよく知っているよ!と思われる方もいるかもしれませんが、野鳥を専門とする私でさえ知らなかった「目からウロコ」の内容が多々盛り込まれています。きっと、今号もまた「へー」と思っていただける部分があるのではないかと思います。正直言って、編集部としては今回もかなり力の入ったいい出来になったと自負しております。
 タンチョウ号、まもなくお手許に届きます。是非お楽しみに。

faura26号表紙

2009冬号・特集「タンチョウ〜北海道に残された日本の心」


■ インフォメーション
・大橋弘一が編集長を務める北海道自然雑誌「ファウラ」2009冬号(特集:タンチョウ)はまもなく発売されます。 今すぐ欲しい方は、編集発売元であるナチュラリーの公式販売サイト「ファウラショップ+」へどうぞ。
http://www.naturally.co.jp/faurashop/

・「ファウラショップ+」では、新著「北海道野鳥ハンディガイド」をはじめ大橋弘一の著書も販売しています。

2009年12月4日記載

■今週出会った鳥・コクガン
 先日、取材で道南(福島町・松前町)へ行った時に、冬らしい鳥に出会いました。コクガンです。今冬初めてのコクガンとの対面となりました。
 コクガンといえば函館湾は有名な越冬地ですが、その中でもおもに上磯の周辺や旧戸井町、旧南茅部町などが主要観察地となっています。私が今回コクガンを見たのはそれよりずっと西に位置する福島町の海岸で、ほとんど松前町との境界近くです。自然雑誌ファウラの2005年冬号に発表された「コクガン・その知られざる生態に迫る」(隅田重明)によれば福島町や松前町も飛び地のようにコクガン越冬地となっていますが、まだ冬の初めということもあって「運がよければ見られるかな〜」程度に思っていました。しかし、今回、福島町の海岸は思いのほか条件がよく、渡ってきたばかりであろう群れをしっかり確認することができました。国の天然記念物であり唯一の海のガンであるコクガン。北海道の冬の風物詩としてとても魅力的な鳥たちです。
 余談ですが、福島町といえば何といってもあの大横綱・千代の富士(現九重親方)のふるさと。私も忙しい取材の合間をぬって「横綱記念館」を訪ねてみましたが、素晴らしい!の一語に尽きますね。過去の数々の歴史的取り組みがVTRで自由に視聴できるのには大感激しました。千代の富士ほどカッコいいお相撲さんはいないことを改めて実感しました。福島町の「横綱記念館」、是非一度見学してください。千代の富士ファンや相撲ファンは当然ですが、大相撲にあまり興味がないという方にもお勧めします。相撲の素晴らしさをきっと感じていただけると思います。

コクガン

コクガン(大橋弘一・諸角寿一編著「日本野鳥写真大全」クレオ刊より)


■FMくしろに出演しています
 おととい(12月2日)放送されたFMくしろ「エゾシカゼミナール」に出演しました。
 FMくしろは釧路地域のコミュニティーFMラジオ局ですが、ファウラの秋号(エゾシカ特集)でこの番組をご紹介させていただいたご縁で、今回初めて出演させていただきました。
 毎週エゾシカをテーマにした情報を流す番組があること自体びっくりしますが、今回はエゾシカ特集号だけでなく「ファウラについて語る」的な内容になってしまうにもかかわらず出演の機会をいただき大変ありがたく思いました。エゾシカについて、北海道の自然について、そして自然雑誌ファウラについて好き勝手におしゃべりをしていまいましたが楽しい番組になっているのではないかと思います。
 スタジオに伺ったのは先月でしたが、放送3回分を収録しましたので2日から3週続けて放送になります。毎週水曜日の朝8時30分からの15分番組ですので釧路の方には是非お聞きください。そして、電波だけでなくインターネット上で聞けるpodcastにも放送当日中にアップされますので、誰でもいつでもお聞きいただくことができます。

エゾシカ・ゼミナールPODCASTページ
http://www.fm946.com/podcast.html

9日、16日の放送も、是非お楽しみに。
「エゾシカゼミナール」番組ナビゲーターの岡本匡代さん、そしてFMくしろパーソナリティの平迫なおこさん、ありがとうございました。


■ インフォメーション
・大橋弘一が編集長を務める北海道自然雑誌「ファウラ」2009秋号(特集:エゾシカの真実)が発売中です。 お陰さまで大変好評です。是非一度手にとって見てみてください。
編集発売元であるナチュラリーからの直接のお求めは書籍販売サイト「ファウラショップ+」へどうぞ。
http://www.naturally.co.jp/faurashop/

・「ファウラショップ+」では、新著「北海道野鳥ハンディガイド」をはじめ大橋弘一の著書も販売しています。

HOME |

Calendar

PREV≪  2009-12  ≫NEXT
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Advertisements


野鳥写真家&自然雑誌faura編集長の大橋弘一が自然や環境について語ります。FMアップルの番組「不思議いっぱいネイチャーワールド」の内容を伝えるブログでしたが、放送休止中の今もこのブログは継続します。