2011年7月22日記載

■ファウラ夏号の特集「原生花園」について
 今、書店に出回っているファウラ最新号の特集は「原生花園」です。ファウラファンの方はとっくに知っていることとは思いますが、今日、たまたま雑談の中で「原生花園」という言葉そのものが全国的にはあまり知られていない、という話を聞きました。しかし、その一方で、北海道内では観光雑誌にも度々取り上げられる観光地でもあります。「原生花園」という言葉そのものの知名度は果たしてどの程度なのでしょうか。
 少なくとも、旅行雑誌などでは原生花園が野鳥や昆虫の楽園であることまでは書かれていません。ただ「季節には花がきれいに咲くので行ってみたら…」といった紹介だけというのが一般的です。ファウラは違います。自然雑誌ですから、どういう生きものにとってどういう生息環境なのか、特に鳥類と昆虫について詳しく解説しています。つまり、他の雑誌では紹介されていない原生花園の魅力が書かれているのがファウラ夏号なのです。

faura32号表紙
ファウラ32号(2011夏号)



■ インフォメーション
・大橋弘一が編集長を務める北海道自然雑誌「ファウラ」の最新号は「原生花園」特集です。詳しくは編集発売元であるナチュラリーの公式販売サイト「ファウラショップ+」をご覧ください。
http://www.naturally.co.jp/faurashop/


・「ファウラショップ+」では、ファウラのバックナンバー各号や大橋弘一の著書など、自然関係の優良書籍をたくさん販売しています。是非ご利用ください。大橋弘一の最新著書「北海道野鳥観察地ガイド」ももちろんご購入いただけます。

2011年7月15日記載

■テレビ出演のお知らせ(ただし、北海道の方へ)
 ファウラ編集部はたまにテレビなどの取材を受けることがあるのですが、明後日7月17日にテレビ北海道(TVh=テレビ東京系列)で放送になる「経済ナビHOKKAIDO」では特集でファウラが取り上げられます。
 テーマは独自の視点をもつ北海道の雑誌ということだそうで、他誌も出るようですが、ファウラ編集部並びに編集長の私めが約1ヶ月間取材されたものがひとつのコーナーにまとまり、放送されるようです。
 テレビの場合、どんなふうに描かれるのかは取材された本人もオンエアされるまでわからないので何とも言えませんが、もし可能でしたら見てみてください。残念ながら全国ネットではなく北海道(一部地域を除く)でしか見られませんが、よろしくお願いします。

ご参考サイト
http://www.tv-hokkaido.co.jp/news/keizai-nav-hokkaido/post_432.php




■ インフォメーション
・大橋弘一が編集長を務める北海道自然雑誌「ファウラ」の最新号は「原生花園」特集です。詳しくは編集発売元であるナチュラリーの公式販売サイト「ファウラショップ+」をご覧ください。
http://www.naturally.co.jp/faurashop/


・「ファウラショップ+」では、ファウラのバックナンバー各号や大橋弘一の著書など、自然関係の優良書籍をたくさん販売しています。是非ご利用ください。大橋弘一の最新著書「北海道野鳥観察地ガイド」ももちろんご購入いただけます。

2011年7月8日記載

■ソトコト8月号見てください
 この発売になったソトコトの8月号は「北海道・大雪山系」の特集です。私も大雪山系の野鳥についてのコメントと写真を提供しました。1ページだけですが、いい雰囲気で掲載されていますので、機会がありましたらご覧下さい。
 ソトコトには2回目の登場ですが、前回は生物多様性の特集内でクマゲラの写真を出し、そして今回もメイン写真はクマゲラでした。他にカヤクグリとかノゴマなどのいかにも大雪らしい高い山の鳥の写真も出しましたし、コメントではギンザンマシコなんかのことも語ったのですけれども…。編集部の方は依頼の時からクマゲラ、クマゲラとおっしゃっているなあ、とは思ったのですが、私たち鳥ヤからすれば大雪山系の鳥といえばもっと高い場所にいる鳥のことをメインに伝えたかったですね。もちろん、大雪にもクマゲラはいますし、今回出した写真も大雪山系の範囲内で撮ったカットにしましたが。ソトコトはクマゲラがお好きなのかな。
 ともあれ、ソトコト8月号、ご覧下さい。

ソトコト表紙

ソトコト(クマゲラ)

『ソトコト』8月号の表紙(上)と大雪の鳥のページ


■ インフォメーション
・大橋弘一が編集長を務める北海道自然雑誌「ファウラ」の最新号は「原生花園」特集です。詳しくは編集発売元であるナチュラリーの公式販売サイト「ファウラショップ+」をご覧ください。
http://www.naturally.co.jp/faurashop/


・「ファウラショップ+」では、ファウラのバックナンバー各号や大橋弘一の著書など、自然関係の優良書籍をたくさん販売しています。是非ご利用ください。大橋弘一の最新著書「北海道野鳥観察地ガイド」ももちろんご購入いただけます。

2011年7月1日記載

■『北海道野鳥ハンディガイド』増刷の件続き
 先週、拙著『北海道野鳥ハンディガイド』が、増刷となったことを書きました。
 今回は、増刷にまつわる意外と知られていないこの業界のウラ話を。
 本の出版は、万全を期して準備するのですが、発売日ギリギリになると特にスケジュールに追われて夜も日もないような作業が続きます。その結果、ミスがつきものなんです。校正担当者はもちろん、著者も編集者も皆が目を皿のようにしてミスのないようにがんばるのですが、それでもミスプリが発生してしまうのが常です。それは発行になってから読者からの連絡などによって発覚します。著者としては万全を期したつもりだったのにがっかりします。そこで、増刷になった際にそのミス部分を修正して完成されたものにすることが多いのです。
 つまり、増刷本はミスが直って完成されたものになるのです。初版本は、逆に言うとじつはミスの多い本となりがちなのです。『北海道野鳥ハンディガイド』も、初版では何ヶ所かミスが見つかっています。それを今回の増刷では全部直しました。
 これからこの本の購入される予定の方、是非増刷本をお求め下さい。完成度が初版よりぐっとアップしていますよ。


■ インフォメーション
・大橋弘一が編集長を務める北海道自然雑誌「ファウラ」の最新号は「原生花園」特集です。詳しくは編集発売元であるナチュラリーの公式販売サイト「ファウラショップ+」をご覧ください。
http://www.naturally.co.jp/faurashop/


・「ファウラショップ+」では、ファウラのバックナンバー各号や大橋弘一の著書など、自然関係の優良書籍をたくさん販売しています。是非ご利用ください。大橋弘一の最新著書「北海道野鳥観察地ガイド」ももちろんご購入いただけます。

HOME |

Calendar

PREV≪  2011-07  ≫NEXT
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Advertisements


野鳥写真家&自然雑誌faura編集長の大橋弘一が自然や環境について語ります。FMアップルの番組「不思議いっぱいネイチャーワールド」の内容を伝えるブログでしたが、放送休止中の今もこのブログは継続します。